会社設立は何歳からできるの?

 

・会社設立は誰でもできる?
会社設立をしようと思っている方の中には、子供もいれば高齢者もいます。
実際に良いアイディアが浮かべば、それを形にすることは可能です。
原則としては子供や高齢者が会社設立を行うことは可能となっています。
ただ、普通に企業や会社として設立するよりも、煩雑な手続きや申請が必要です。
高齢者の場合は特に個人事業主やフリーランスもいるので良いですが、子供の場合は気をつけておきたいことも多くなっています。
近年多くなっているのが、子供の発想を形にして企業や会社にするというものです。
しかし、当然ながら子供が経営や運営をしていくことは難しいですし、手続きや申請に関しても難しいことが多いでしょう。
その場合は、代理人という形で会社設立を行うことが可能です。
よくあるパターンとしては、その子供たちの親が会社設立をするというパターンです。
これであれば会社設立をするのは子供ではなく親となるので、年齢も関係ありません。

 

・会社設立は何歳できるの?
そもそも会社設立は何歳からできるものなのでしょうか。
これに関しては、具体的に決まっているというわけではありません。
常識の範囲内で0歳~3歳の子供たちが会社設立をするということはできませんよね。
もちろんアイディアによっては素晴らしいものが生まれて、それを商品やサービスとして提供したいと思うこともあるかもしれません。
そうなってくると、成人した大人が対応することも多くなります。
実際、定款を作って認証してもらい、各所に手続きや申請を行って認可されるためには、大人でなければできないことも多いです。
そのため、何歳からと聞かれれば具体的に答えるのは難しいですが、大人が代行するという形が多いです。
それらの点を加味して、会社設立をしてみてはいかがでしょうか。

 

・専門家を使うと安心
専門家に関しては、色々な手続きや申請の代行を行ってくれます。
それもすべて丸投げして良いので、会社設立をしたい場合は専門家に相談してみるのが良いです。
それこそ「何歳からできるのか」という質問なども可能です。
知識の量で一般の方が勝てるわけもないので、そこはしっかりと対応していけるようにするのが良いでしょう。
そのためには専門知識が豊富な専門家に相談する方が良いです。
もちろん、専門家もピンキリなので、評判や評価が良い人だけを使っていくと安心です。
そこは事務所によっても変わってくるので、まずは無料相談もしてみると良いでしょう。