会社設立の際に重要な事業年度と会計年度

1年は1月1日に始まり、12月31日に終わりますよね。
年末年始は小売店も繁忙期ですので、いたるところでセールやバーゲンが行われています。
しかし、会社経営するうえで重要になる1年の終わりと始まりは、必ずしも年末年始のみではありません。
事業年度と会計年度も、会社にとって非常に重要な1年の終わりと始まりなのです。
今回は事業年度と会計年度の違いについて解説しますので、会社設立を考えている人はぜひ参考にしてください。

まず「事業年度」についてですが、これは会社が独自に設定している決算日を区切りとした1年です。
決算日を年度の終わりとし、その翌日を年度初めとします。
決算日をいつにするのかは会社それぞれに自由ですので、12月31日を決算日にしている企業があれば、3月31日を決算日としている企業もあります。
流通業などは在庫の棚卸などの都合から2月末を決算日としている企業も多いのです。
つまり事業年度は会社それぞれに違う、会社独自の年度と言えるでしょう。
ちなみに事業年度は必ず1年でなくてはならないわけではありません。
1年以内の期間であれば自由に設定可能なので、企業によっては半年を事業年度としている場合もあります。

話題はガラッと変わりますが、みなさんは、「春」という季節にどのようなイメージを持っていますでしょうか?
多くの人は、「出会いと別れの季節」というイメージを抱いているでしょう。
学生時代も、4月に入学して3月に卒業しましたよね。
ではそもそもなぜ、学生は4月入学で3月卒業なのでしょうか?
そう、その答えこそが「会計年度」なのです。
会計年度とは、言うなれば「国にとっての事業年度」であり、財政法や地方自治法によって、その始まりと終わりが4月1日から3月31日までと定められています。

つまり事業年度は会社の1年、会計年度は国の1年なのです。
事業年度を会計年度に合わせている企業も多いため混同されてしまうこともありますが、これはまったく違ったものなのです。
会社設立の際には混乱しないように、正しく理解しておきましょう。